コロナ禍で叫ばれたことが、コロナ離婚という言葉です。
まさに、それが私の身の上に降りかかった感じでした。
夫は居酒屋を経営しています。
私も居酒屋の仕事を切り盛りしていました。
それまでは、ある程度順調とも言えるものでした。
しかし新型コロナの流行により、様々な変化を迎えることとなってしまったのでした。

 

 新型コロナの爆発的感染により、緊急事態宣言が発令されます。
時短営業を余儀なくされている時などは、夫の経営している居酒屋は協力金を手に出来ました。
そのため、コロナ禍以前よりも、ある意味潤うっていた状態でした。
これでコロナ禍を生き延びれ、収束すればまた以前のような状態に戻ると思っていました。
ところが、そうはいかないのが世の中というものでした。
非常事態宣言解除、時短営業の要求も解除され、通常通りの営業が戻ってきます。
ところが、客足が以前ほど伸びないのです。
そのことで、夫の心が荒れてしまったのでした。

 

 コロナ離婚を前提に考えるようになります。
自分としては、それまでの居酒屋のスキルや、またアイディアなどもあるため、それを活用してお店を経営したいと考えました。
しかし金銭的な問題が多々あります。
最終的には、愛人募集という方法しかないかな?
そう思うようになります。
愛人募集という関係を作ることで、纏まったお金を手に入れることが可能になります
そうすることで、私自身のお店を経営する夢を実現出来る可能性があるからです。
愛人募集に成功することで、良いこと尽くめになると考えました。

 

 ふとしたことから発見したのが、お金支援掲示板でした。
興味本位で掲示板を見たところ、お金あげますという書き込みがあるのです。
また多くの人がお金の支援を求める投稿をしています。
瞬間的に、この掲示板で出会いを探せばと考えてしまったのです。
金選支援用意があるという人にメール送信したところ、カードローンの申し込みURLが送られてきてしまいました。
書き込みを自分でしたところ、とあるアプリをインストールすることで支援出来ると言われます。
言われた通りにしたのですが、以降の連絡はありませんでした。
さらに怪しげな連絡まで到着するようになりました。
危険を感じた私でした。
お金支援掲示板に恐怖を感じてしまいました。

 

 調べをつづけていくと、愛人募集掲示板に辿り着きます。
やはり、愛人募集が一番確実に違いないと思うようになります。
多くの人たちが、愛人募集をしている場所でした。
こちらで活動していくことで、なんらかの手応えがあるに違いないと考えました。

 

 愛人募集掲示板で活動していきました。
今回は、良い手応えを感じるのではないか?
無償で支援してくれる男性と出会えるのではないか?
強い期待を持ちました。
しかし、結果というものは前の掲示板と殆んど同じようなものだったのです。
強烈に気分が沈んでいくような感覚でした。
不景気、さらにコロナでの不景気、自分の店をオープンするハードルの高さを実感することになりました。

 

 それは、一通のLINEの通知から始まることになりました。
飲食店繋がりの知人からのものです。
彼女もコロナ禍離婚したのですが、飲食店をオープンさせたという連絡が到着しました。
驚きのあまり、彼女に話を聴くことにしました。

 

 知人も私と同じような経験をしていることが分かっていきます。
元の旦那さんとの意見の対立、コロナで関係が悪化してしまったようです。
そのため、離婚を決意し、自分のお店を持つための資金集めを始めたそうです。
それが愛人募集よりも安全な、パパとの出会いだったと言うのです。
肉体関係を全く作らないこと。
簡単な関係を作ることで、カンパしてもらうことに成功したと言われ驚きを感じました。
つまり、無償の支援というやつと殆んど変わらないのです。
どんな方法なのか、猛烈に興味を持ってしまっていました。

 

 主婦でもパパ活を成功させられると教えられます。
コロナ禍の状態ではオンラインでお酒を飲む男性から収入を得たそうです。
優秀な老舗の出会い系アプリの利用で安心して出会いを掴めたことも説明してくれました。
自分で言うのもなんですが、見た目は多少なりとも自信があります。
男性のハートをキャッチ出来るかもと期待しました。

 

 主婦のパパ活を、教えられたワクワクメール、Jメールでやってみたのですが、オンライン上の関係を作れてしまったのです。
お酒を楽しんでの収入でした。
そして、コロナが落ち着けば実際のデートで収入を得られるようになっていきました。
自分の夢に、一歩ずつ近づけている、そんな未来が見えてきました。

定番アプリ女性は完全無料

本当にお金くれる人を探すなら迷わずコレ!

 

名前:優結羽
性別:女性
年齢:44歳
 登々谷優結羽、44歳の主婦です。
コロナ禍により、夫との関係が悪化しました。
居酒屋経営が上手くいかなくなってしまったのです。
心の荒れた夫は、私の言うことなど一つも聞くこともなくなります。
経営不振を私にぶつけたりもして、離婚を考えるようになりました。
自分自身も居酒屋の仕事をやってきました。
そのスキルを活かして自分の店を経営したい気持ちを持つようになります。
しかしその資金は莫大なものであるのです。
金銭的な支援者との出会いを求めるようになった私でした。